なおっきのぶろぐ

ヒルクライマーなつぶやきw。目指せ乗鞍59分切り!

8回目の全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2015→DNS

かなり後悔の気持ちと、でもこの決断(DNS)も、そのとき精一杯考えての判断だったって気持ちとで交錯中。

実はこの3年間私的なことで本当にいろいろありすぎて、それらが一つ一つ3年かけて解決していって、その最後の一番「大変なこと」が7月にすべて終わって、ようやくそこからパフォーマンスも上がってきたという、、、そんな流れ。

もちろんその間もモチベーションはずっとあった。
乗鞍1時間を切りたい!そのモチベーションは燃えてる。
だからそれなりに頑張ってきたつもり。足りなかもしれないけど・・・。
でも、全然パフォーマンスが上がらない。だからほんとに苦しかった・・・。
多分乗鞍で言うと7月末までのパフォーマンスは68〜70分くらいだった。
今年の4月からのすべてのヒルクラのレースのタイムはすべて最低な結果、タイムだった。

で、
いろんな問題が解決したあと、不思議にパフォーマンスが上がりだした。
やはり精神的ツカエ?というものは身体にも影響があったんだなぁと今思う。
箱根旧街道でのタイムが縮まりだしたのは8月20日以降かな。
でもそのタイムからの乗鞍換算は63分前後かな。そこまではなんとか上がってきた。
だからパフォーマンス的に現実的な目標は62分台がでたらうれしい!だった。
ようは間に合わなかった。ごめんなさい。
でもでもタイムが上がりだした時は本当に乗ること自体が楽しくなってた。
あれ?乗ることが楽しいって・・・なんか忘れてた気がする。

乗鞍本番、、、当日朝
体調自体は良かったし、体重も理想の52kg台。

でも、朝からほんとに大雨の土砂降り。雨雲レーダーみても止むどころから強くなっていく。
軒下にあるローラー台も雨の激しさでびしょびしょになるほど。

アナウンスが聞こえるところの宿に泊まっていたのでその内容をチームのLINEに流しつつ準備だけは進めていく。

レース開催可否決定が出るはずの6時になっても判断が出ない・・・
一時間近く「しばらくお待ちください、検討中・・・」のアナウンスが流れ続ける。

そして7時ちょっと前にようやく8時スタートが確定する。
「やった!」と思った・・・。
けど、

「ゴールは三本滝!」

え〜〜〜!

しかも、相変わらずの大雨状況。フルなら下りはバスが期待できるけど三本滝は無理。
大雨の中の下りは「下りが超苦手な、なおっき」は怖いし危険。仕事柄、何かあってはいけない。
しかも三本滝ということは16〜18分くらいのレース。もうフルとはまったく違うレース。

ここで、DNSと決めました。

精一杯考えての判断。

でも応援して期待してくれていた人たちにはDNSしたことに本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
本当に本当にごめんなさい。



また、来年に向けてコツコツやっていきます。
もちろん目標は変わりません!
「マウンテンサイクリングin乗鞍 1時間切る!」
です。

小田原に来て3年。ようやくこちらの生活に慣れてきたし、、、
実は、もう2〜3年こちらにいることが確定しました。
愛知県に帰ることはもうしばらくお預けです。

ということで頑張っていきます!




PS
さきほどKOHエントリーしました!


いひひ









Special thanks for S.M.

7 Responses to “8回目の全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2015→DNS”

  • SpringBank より:

    お疲れ様でした。
    30回記念大会という事でしたが
    大雨&大荒れ。非常に残念でした。
    また御活躍を楽しみにしています。
    それでは、また再会を楽しみにしています。

    • なおっき より:

      夜の宴会も中止にしちゃってごめんなさい。
      また、来年に向けて始動しはじめてます!
      また、お会いできること楽しみにしています!
      本当にお疲れ様でした!

  • TKAME より:

    始めまして。斎場氏よりドバ練でページを紹介され2年前より拝見しております。社会人で有る以上色々背負って生活している以上苦渋の選択だったと察します。何時かドバ練で会えると期待しておりましたが関東に数年在住が残念です。

  • おおはし より:

    お疲れ様です
    シルベストもDNFだったらしいし、この環境ではしかたがないですよね

  • おおはし より:

    あ、間違えた、ワイズさんでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。