なおっきのぶろぐ

ヒルクライマーなつぶやきw。目指せ乗鞍59分切り!

全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍

人生をかけているレース?と言っても全く過言ではないこのレース。
目標は60分ぎり。60分を切ったら59分切り!とはたまた最終目標は10位内入賞!

これにすべてをかけて生きている「なおっき」です。村山さんが人生の目標?いひひ。
言ってみれば、1年の区切り。正月みたい感じ?これが終わるとなおっきの来年が始まるイメージ。

今年もやってまいりました。全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍

今年はというか去年の10月24日からほんとに人生のいろんな転機があり、(・・・この年で無職になったりとか・・・)
激動の10ヶ月を過ごしてきて、迎えるこのレース。
本当に感慨無量。

収入ゼロでは当然全く乗れない時期もあり、乗りたくても時間の使い方がうまく行かず乗れずとか、乗れるようになっても
身体がいうことを効かず長く乗れないとか・・・いろいろあった。でもみんなの沢山の応援が自分支えてくれたのは本当に間違いない事実。
スタートに立てたということは、本当に本当に感謝しきれないほどの気持ち。

 

と、前振りはもうええーっちゅうねんw。

 

スタート直前時点では、現時点で、この練習量(実質5ヶ月弱か?)とこの練習の質で狙えるタイムはもし60分を切れたらすごいだろうな・・・。
でも、確たる自信のない状況。実質ちゃんと乗れはじめて5ヶ月?やれる範囲でやれることは全てやった。

が、

60分を確実に切れるという自信に繋げられるほどのものではないというのが正直なところだった。
最終的には体重49.2kg(減量はホントに大変だったマイナス4kg強減)、マグテックスツイン負荷Maxで20分5倍、5分6倍、は最低限達成、そして直前1週間前に1週間前には30分4.8倍が、できてたので、行けるかもしれないとも・・・。
そんな中スタートに立ってた。

朝3時半に起きて、アップしつつ場所取り。けど今年はマスドじゃなく、NET方式?(個人タイムTT?)知らんかったw。少し後ろに並んだほうが得やんね?
まぁそれはどうでもいい。

乗鞍仕様のなおっきEvolver with ねこ店ヒルクライムスペシャルホイール前後で1040gくらい?60kg未満限定w

30秒 10秒 3,2,1、スタート!

先頭に並びつつ、先頭集団後ろから眺める作戦。できる限り後ろからついていくい作戦。
なぜか今年は三本滝までずっと楽についていけた。でも心拍数はほぼずっと90%。なのにかなり余裕があった。
我らがマルコADONパンターニNo1ヒルクライマー、「カエルライダー今井さん」が数メートル前でウロウロしているのがわかる。若干余裕があるから前に出たい感じ?!

 


三本滝で17分台?か17分弱?かという感じで通過。記憶が曖昧。

 

そのあたりから少しずつじわじわと先頭集団から自分がついていけない感じになるのを感じつつ、ついていく。
中間地点26分台というのをはっきり覚えてる。
これなら1時間切れるかも?!と思った瞬間。

そのあたりはすでに先頭集団からは完全に?か?離されていて、小さな集団の中に自分がいたのを覚えてる。
背の小さな人が前にいて、ダンシングをおりまぜながら徐々に自分から離れていくのもその後見ていた。

「お前引けよ!」と怒られたのもこのあと少ししてからかな?

でも、実際には脚?じゃないな、心肺がきつくて、無理だったのも覚えてる。
その人の少し後ろにつきつつ、勾配がきついところで離され、なぜか勾配の緩いところで追いつく展開で進んでいく。
大雪渓の手前数分のところまでそんな感じで展開。

そこからその人はじわじわと先に行ってしまった。どうしても追いつけない感じ。
でも、その頃にはなおっきの後ろは誰もいなかったかな?ずっとついてきて人も見えない感じ。

もうここからは60分切れるか切れないか?を自問自答しつつ、ペダリング一回転一回転を大切にワットを落とさないように
集中力を高めて行くイメージ。残り1km。500m。300m。200m.100。

とくに300mのとき、どんだけ苦しかったかなぁと今でも覚えてる。
多分5倍をここで意識しながら回してたと思う。でもP2M参考値とも思いつつ。
割りと冷静。けどものすごい辛かった。でもあとたったの300mやないか!200mとやないか100mやないかと
本当の我慢大会状態。

そしてあと何メートル?のときにGPSのGarmin時計は8時を打った。と、同時に叫んだ!

 

「くそ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」

 

涙が出そうだった。けど最後まで絶対あきらめへんって思って、ペダルを回し続けること17秒。17秒だったのね!
10秒以上あったんだろうなと思ったけど20秒はないと思った。17秒だったか・・・・Orz….。

 

60分ってなんて厚い壁なんだと・・・・。4〜5ヶ月じゃ乗り越えさせてくれないんだなと。

 

ということで今年の乗鞍は

1時間17秒 平均心拍89% 83rpm 参考Power2Max 4.7w/kg 236w(温度変化スタート20度ゴール18度)。

そして順位は27位。去年よりは5秒速い!タイム!順位は10手落ちた。
パワートレーニングが浸透して、レベルが上ったんだろうね。

そしてもし年齢別40歳台出場なら1分以上差でダントツ1位というようなそんな結果。

納得行く結果のような、全く納得行かないような結果。


 

でも

 

来年は1時間を確実に切れる!と思えた。絶対に切れると思った。
ものすごい楽しみ。目標は58分台!1分ちょい絶対縮めたる。

なおっきの1年が終わった。本当に応援してくれてるみんなのお陰さまという気持ちが沸き起こってます。
プレッシャーではない、モチベーションの源という感じ?それがなければとっくにつらすぎて終わってたと思う。
でも、ここまではなんとか上がってこれた。そう、たったの4〜5ヶ月で。スタートに立てた。本当に感謝。

 

ほんとにほんとにありがとうです。

 

涙でそうだったです。まじで。

 

かくして、なおっきの1年は終わった。
1年の締めくくりはなおっきにとっては正月ではなく乗鞍。
乗鞍が終わる、そしてまた1年が始まる!
来年はぜったいやってやる。
今年50数歳のあなた、村山さんは57分台!永遠のなおっきの目標はここ!
ありがとう、村山さん、あなたは最大のなおっきのモチベーションです!

 


番外編はまた次回へ・・・・。
いろいろありますw。

 


 


 
アシスト・ワンの皆様ご協力本当に有難うございます!

Special Thanks S!

2 Responses to “全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍”

  • hyh より:

    hyhです。
    なおっきさん、乗鞍お疲れ様でした。
    残念ながら60分きりにはわずか届きませんでしたが、次が見えてきたようで。

    60分近くを走る人は厳しいトレーニングを積んだ人だけなんでしょうね。そして、強い精神力を持った人。


    自分の実力がどのくらいか確認するためにヒルクライムに挑戦したくなってきました。個人的には60分間の心肺機能強化トレーニングで攻めてみようと思います。まずは地元に乗鞍に似たコースがあるのでそこで走ってみるつもり。


    写真のEvolver カッコイイですね。ブラックにイエローが冴えています。

    • なおっき より:

      hyhさん
      コメントありがとうございます。
      ヒルクライム挑戦してください!
      自分との戦いは苦しくも楽しいですよ。

      Evolverは自分で塗装をデザインできます。そこも楽しみの一つですよ、のフレームは
      いひひ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。